スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻石症

前ブログでは、怪我や病気のことをその都度ブログネタにしていたのですが

その記事が「怪我や病気」カテゴリに蓄積されることで、後で読み直した時、

あまりの頻度に落ち込んでしまう。

それが嫌だったので、このブログには自分のためにも怪我や病気の記事は

書かないでおこうと思ったのですが・・・

やっぱり、誰かの参考になるかもしれないものは残しておくことにしました。



今回は「鼻石症・びせきしょう」のこと。 ※漢字が合ってるかは不明

鼻石症がマイナーな病気なのか、それとも病名が違うのか。

本にも載ってないし、ネットで検索してもヒットしないこの病気。





時はさかのぼって、去年年明け~今頃にかけての話。

我が家生まれのサザナミインコ・チロルの鼻に異変があったんですね。

向かって左の鼻が少し腫れてるんじゃないかな~と気になりつつ、

元気だったのでそのまま放置。

しかし、その小さな腫れはだんだん大きくなっていって・・・

鼻から乾いた膿のようなものが出てきたんです。 そして瘤のように変化。 

チロル・鼻石症1
チロル・鼻石2
チロル・鼻石症3



ドキドキしつつも相変わらず元気だったので、病院へは連れて行かず

経過観察していたら・・・最後は自然にポロッ

チロル・鼻石症5


ギョエ~~~~



で、取れた異物は
チロル・鼻石症4


チロルはスッキリした顔をしてましたが、マジびっくりです。



で、その後は鼻の穴も少しずつ収縮してきて元に戻りつつあったんだけど

残念なことに、数ヵ月後また再発

さすがに2回目は、悪い病気???と慌てて病院に連れて行きました。



そこで診断されたのが「鼻石症」。(そんなの、聞いたことない・・・) 

カビかなにかが鼻の中に入り込んで、鼻くそが溜まり過ぎたんだろうと

言うことでした。 は、鼻くそって・・・

どうやら深刻な病気ではなさそうです。

(美顔が不細工顔になるので、飼い主にとってはある意味深刻かも・・・)



そして・・・去年の秋、子育て中に再々発

でも、もう驚くことはなくなりました。 またか・・・って感じです。

慢性化しちゃってるんでしょうね。



その鼻石が先日ポロっと取れていて、チロルの目が3つになっていたので(笑)

慌てることなく抗菌点鼻(眼)薬を挿しておきましたが、それにしても

大きな穴だこと

124.jpg




サザナミインコを販売してるお店で「(右または左の)鼻の穴が大きいです」という

コメントを時々見かけることがあります。

私が思うにその個体は鼻石症経験あり(もしくは発症中)なんじゃないかと。

実際、ここまで酷いコは見たことありませんが、もしかしたらサザナミインコが

かかりやすいのかもしれませんね。
 
獣医の、鼻にカビか何かが入り込んで・・・という説明もサザナミの糞を考えたら

分からないでもないですし。

同じ環境にいてそうなるコとならないコがいることから、個体の体質によりけり

なんでしょうが、今後の対策として「適度な除湿」「まめな敷紙交換」が

最善の予防法なんだと思われます。



今現在、もしかしてこのコもなんじゃない?っていう怪しいコがいるので、

これ以上同じ症状のコを増やさないように、今後のお世話を頑張らなくては。

まずは、チロルのケージ側に除湿剤でも置いてみようかな。
スポンサーサイト

お庭でまったり

今日は天気が良かったので、ケージ洗いをしながら合間に庭の草抜きをしてた

んだけど・・・

ふと、「ふわりはお外で遊べるんじゃない???」と思いついて、庭へ連れ出

してみることにしました。



さて、ふわりの反応は?
IMG_9661.jpg
IMG_9664.jpg
IMG_9663.jpg
IMG_9660.jpg


どうやら全然大丈夫みたいです お外の空気を吸って気持ちよさそう。



仲間から何度も尾羽に食いつかれて怖い思いをしたふわり。

最近では、尾羽のほとんどが折れてしまい不憫な姿になってました

ふわり自身も仲間と接触するのが怖くなったみたいで・・・

放鳥時間を私の手の中で過ごすことが多くなっていました。

でも今日のふわりは、誰に邪魔されることなく草を食べたり、小さな石ころを

口の中で転がしたり。

室内の放鳥時間より楽しそうに遊んでましたよ~ 良かったね、ふわり。



これからしばらくは、私の大っきらいな(スギ)花粉の季節。

だから、お外に出してあげることが出来ないんだけど・・・

でも、花粉の季節が過ぎたら今日みたいにいっぱい出してあげるから

ちょっとだけ我慢しててね。



それまでに私は、草以外の食べられる野菜でも栽培してみようかなぁ

パセリちゃん

動画の載せ方が分かったので調子に乗って・・・

パセリのお喋りも紹介させてください



去年秋生まれのパセリちゃん。

親しくさせていただいてる鳥友・kazupu-koさんからお迎えしました。

1人餌に切り替わる頃だったかな。

「パセ~リちゃん」としつこく言ってたら「パセ~リ」の後に「ちゃん!」

とだけ言うようになって、少しずつ覚えていきました

ちなみに、パセリと同居中のコバルト兄弟もみ~んなパセリと同じお喋りが

できるんですよ。

人間に教わるより、鳥から教わる方が習得しやすいみたい。



「パセ~リちゃん」「おか~さん」って言ってるの、分かりましたか?

セキセイインコやオウムと違って、人間の声みたいにきれいに発音できないから

少し聞き取りにくいかもしれませんね。



それにしても、チッチチッチ後ろがうるさいなぁ・・・




生まれながらにして♂だと分かってるパセリちゃん。

ペアにしてあげたいという気持ちもあるんだけど、よく慣れてお喋りも出来る

パセリを最高の手乗りに仕上げるなら1羽飼いした方がいいんじゃないの?と

未だにモヤモヤ悩んでいます。

仲間と楽しそうに暮らしているのを見ると、引き離すのは可哀そうな気もして・・・

うぅぅ~、どうしよう。

でも、パセリはきっと「今のままがいい」って思ってるだろうなぁ。

見守ってるのは私だけじゃないのね

ふわりの記事に拍手コメント、ありがとうございます。

拍手の数がたくさんで、びっくりとともに嬉しかったです

ふわりはみんなに見守られてたんだね。



今日は、御礼も兼ねてふわりの姿を動画で初登場させてみました

旋回運動障害がどんな症状なのかを動画で紹介することによって、

誰かの参考になればいいなと思ってます。

一番酷かった時に比べると随分良くなったと思ってるんだけど・・・

みなさんの目には、ふわりがどう映るでしょうか。



アラララ・・・せっかくの動画なのに、後ろでチッチチッチうるさいですね 

すみません。

              
                 


                 
                

                   

それでは、最後にふわりから一言。

133.jpg

(ふ)誰も遊んでくれないけど、賑やかな仲間の声に元気もらってるよ。
  
   これからもよろしくお願いしま~す。  
  
 

ふわりちゃん

生後間もなく、神経障害を患ってしまった去年秋生まれのふわりちゃん。

こんなに
037.jpg

こ~んなに首をかしげていたのに・・・
017.jpg


病院の先生から、一人で餌を食べられないかもねって言われていたのに・・・



ふわりはパウダーフードを横飲みするという技を身につけて、

ちゃ~んと大きくなりました。
047.jpg



立派に成長したでしょ。
IMG_9449.jpg

と言っても少し障害が残ってしまい、他のコと同じように遊ぶことはできない

んだけど・・・

実は左旋回運動の障害が残ってしまって、ちょっとだけ動きが変なんですよね。

ベビーの頃に比べたらかなり回復してると思うんだけど、自分が行きたいところに

ススス~って移動できないの。

だからかなぁ。他のコにすぐいじめられちゃうんだ・・・

尾羽に食いつかれて折られたり、羽を抜かれたり。

近寄るだけで追い立てられたり。

見てるだけで可哀そうになるけど・・・

それでも、ふわりは元気に生きてます



誰かと遊びたいと思えばみんなのところへ行けばいい。 怖ければ戻っておいで。

いじめられた時はお母さんがちゃんと守ってあげるから。

あの時ふわりも私もあきらめなかった、せっかく繋いだ命なんだもん。

一生懸命生きてごらん。



ふわりは・・・私のたからものです

生まれてきてくれてありがとう。

そう言えば私はステンレス派だった

先月、新しい鳥かごを導入しました(マルワ・M757手のり)。

使ってみて気に入ったので追加購入を考えていたんだけど・・・

先日、不要な鳥用品を整理していてハタと気が付いた。



そう言えば私、鳥かごは「ステンレス派」だったのよねぇ。



一般のケージよりかなり高価なステンレスケージ。

確かに物はいいんですが、購入する時はちょっと勇気が要ります。

でも、敢えてそれに拘ることで

ケージを必要以上に増やせない。ケージがなければ鳥もむやみに増やせない。

・・・収集癖のある私にはちょうどいいんじゃないかな・・・

そう思っていたんだけど。

あれれ? いつの頃からだろう。

メッキ製の鳥かごが着々と増えています もちろん小鳥もね。



いけない、いけない。初心に戻らなくては。



そして、やっとこさ冷静になれた私。

今月末までセールだったマルワ・M757手のりケージの追加購入を取りやめ、

しばらく眠っていたマルワ・ステンレスわかば手のりを出してみることにしました。
IMG_9463.jpg



でも・・・組み立てたところで入居する予定のコはいない。

新入りさんが来るわけでもないのよね(笑)

それなのに、セールというだけで2台もケージを追加購入しようとしてた

私って一体???

私という人間は本当にセールが好きなんでしょうね

自分でもなんだか可笑しくなりました。



さて、どのコを入居させよっかなぁ~ それとも空き家のまま?

これって要る?

何台もケージを購入していると、使わない部品が自然と溜まってきます。

みなさんは、そういうものたちをどうしているのでしょうか?

とりあえず保管? それとも処分?



先日、収納ケースに収まりきれなくなった鳥用品の数々を整理しようと

押し入れの中を片付けていたら、不要な部品が意外にもたくさんあって

かなり場所を取ってることが判明



使わないと言っても捨てるのは何となくもったいない。

いつか使うかも?な~んて大事に取っていたんだけど・・・

どうやら我が家では本当に必要ないみたいです

これを機に、今回はおもいきって捨てちゃいましょうかね。



餌カバー
IMG_9363.jpg


脱走防止のシャッター(HOEI製)
IMG_9364.jpg

止まり木
IMG_9366.jpg


特に餌カバーは小さく収納できないのでかなり邪魔。

餌を飛び散らかしながら食べるコや餌箱に入って餌を掘り出してしまうコの為に

考えられた部品なんだろうけど、これで100%防止できるわけではなく・・・

それに、そんなことするようなコは餌カバーを付けたところで、

今度はカバーの上でフンをしたり、カバーそのものをおもちゃにして

ガシャンガシャンと音立てて遊んだりするんですよねぇ

我が家にも1羽そういうコ(セキセイインコ)がいて悩まされていたんですが、

餌箱にほんの少し細工したことで今は問題解決しています。
IMG_9348.jpg
IMG_9349.jpg

単純に針金を1本通しただけなんですが(しかもテープで止めてるだけ)・・・

たったこれだけなのに、けっこう効果あるんです。

餌箱をガシャンガシャンするのは相変わらずですが、今では

餌箱に入ることはなくなり、餌も散らかさずに食べてくれますよ~



こんな感じで、鳥かごに限らず不要な付属品ってけっこうありますよね。

原油高騰のため・・・という理由で、最近色んなものが値上がりしてますが

その前に

今後鳥かごは本体のみで販売、部品は別売りにならないのかしら?

形あるものはいつか壊れる

先日、主人に作ってもらったプレイランド。

鳥さんたちには好評で、特にサザナミ軍団のお気に入り

最近では、老鳥セキセイズが仲間入りするようになりました。
IMG_9337.jpg

と言っても、おもちゃで遊ぶわけではなくただじっとしてるだけなので、

何が楽しいのか、私にはよく分からなかったんですが・・・



今朝、セキセイたちがここに集まる理由が分かりました。

これです。

IMG_9330.jpg

お分かりでしょうか。 木屑です。

最近おがくずなんて使ってないのにどうしてここに?って思いつつ

何も気付かず片付けてた私(すぐに気付けよ)。 

実は見えないところで悪戯してたんですねー
IMG_9333.jpg


形あるものはいつか壊れる


その言葉通り、あと半年もすればボロボロになるんじゃないかしら。

でもまぁ、仕方ないね。 家具をやられるより全然マシだ。



このコたちがうちに来た時よりイキイキしてるのは確かだと思うし、

カゴの外に出て他の仲間と触れ合えて楽しそうにしてるし。

い、いいのよ。 別にいいのよ~

プレイランドがボロボロになった時は、また作り直してもらえばいいもんね。

好きなように遊んでおくれ。
IMG_9331.jpg
IMG_9341.jpg



とりあえず、自然塗料使ってて良かった。



プロフィール

o-ya

Author:o-ya
サザナミインコを中心に多種多数飼いです。時々、ワンズ☆マルチーズの姫とパピヨンのリボンも登場♪

バードテント販売してます。
birdtimeからお求めいただけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
小鳥のカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。