スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻石症

前ブログでは、怪我や病気のことをその都度ブログネタにしていたのですが

その記事が「怪我や病気」カテゴリに蓄積されることで、後で読み直した時、

あまりの頻度に落ち込んでしまう。

それが嫌だったので、このブログには自分のためにも怪我や病気の記事は

書かないでおこうと思ったのですが・・・

やっぱり、誰かの参考になるかもしれないものは残しておくことにしました。



今回は「鼻石症・びせきしょう」のこと。 ※漢字が合ってるかは不明

鼻石症がマイナーな病気なのか、それとも病名が違うのか。

本にも載ってないし、ネットで検索してもヒットしないこの病気。





時はさかのぼって、去年年明け~今頃にかけての話。

我が家生まれのサザナミインコ・チロルの鼻に異変があったんですね。

向かって左の鼻が少し腫れてるんじゃないかな~と気になりつつ、

元気だったのでそのまま放置。

しかし、その小さな腫れはだんだん大きくなっていって・・・

鼻から乾いた膿のようなものが出てきたんです。 そして瘤のように変化。 

チロル・鼻石症1
チロル・鼻石2
チロル・鼻石症3



ドキドキしつつも相変わらず元気だったので、病院へは連れて行かず

経過観察していたら・・・最後は自然にポロッ

チロル・鼻石症5


ギョエ~~~~



で、取れた異物は
チロル・鼻石症4


チロルはスッキリした顔をしてましたが、マジびっくりです。



で、その後は鼻の穴も少しずつ収縮してきて元に戻りつつあったんだけど

残念なことに、数ヵ月後また再発

さすがに2回目は、悪い病気???と慌てて病院に連れて行きました。



そこで診断されたのが「鼻石症」。(そんなの、聞いたことない・・・) 

カビかなにかが鼻の中に入り込んで、鼻くそが溜まり過ぎたんだろうと

言うことでした。 は、鼻くそって・・・

どうやら深刻な病気ではなさそうです。

(美顔が不細工顔になるので、飼い主にとってはある意味深刻かも・・・)



そして・・・去年の秋、子育て中に再々発

でも、もう驚くことはなくなりました。 またか・・・って感じです。

慢性化しちゃってるんでしょうね。



その鼻石が先日ポロっと取れていて、チロルの目が3つになっていたので(笑)

慌てることなく抗菌点鼻(眼)薬を挿しておきましたが、それにしても

大きな穴だこと

124.jpg




サザナミインコを販売してるお店で「(右または左の)鼻の穴が大きいです」という

コメントを時々見かけることがあります。

私が思うにその個体は鼻石症経験あり(もしくは発症中)なんじゃないかと。

実際、ここまで酷いコは見たことありませんが、もしかしたらサザナミインコが

かかりやすいのかもしれませんね。
 
獣医の、鼻にカビか何かが入り込んで・・・という説明もサザナミの糞を考えたら

分からないでもないですし。

同じ環境にいてそうなるコとならないコがいることから、個体の体質によりけり

なんでしょうが、今後の対策として「適度な除湿」「まめな敷紙交換」が

最善の予防法なんだと思われます。



今現在、もしかしてこのコもなんじゃない?っていう怪しいコがいるので、

これ以上同じ症状のコを増やさないように、今後のお世話を頑張らなくては。

まずは、チロルのケージ側に除湿剤でも置いてみようかな。
スポンサーサイト
プロフィール

o-ya

Author:o-ya
サザナミインコを中心に多種多数飼いです。時々、ワンズ☆マルチーズの姫とパピヨンのリボンも登場♪

バードテント販売してます。
birdtimeからお求めいただけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
小鳥のカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。