スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふわり、2度目の命拾い

実は今日、ふわりちゃんが死にかけまして・・・

ふわりに対して、特別な愛情を持っている自分に気付きました。

いや、すでに気付いてたんですけど再認識したというか

とにかく簡単には失いたくない大切な存在であることが分かりました。



というのも、今日は天気が良かったので朝からケージ洗いをしたんですが

そんな時は決まってふわりを庭で遊ばせるんですね。

で、お昼を過ぎた頃ケージを洗い終え、室内でケージのセットをする間

少しだけふわりをリビングで自由にさせてたんですが・・・

何の前触れもなく、ふわりが急変したんです。



目を離した時間はどのくらいでしょうか。10分程度だと思います。



ふと、ふわりに目を向けると空気清浄機の隙間に顔を突っ込んで

全然動かないふわりがいました。

最初は遊んでるのかなって思ったんですが、全く動く気配がなくて。

嫌な予感がしてふわりを抱き上げると、ダランと私に横たわり

呼吸も苦しそう。 

これはただ事ではない・・・このままでは死んでしまうと思いました。



時計を見ると12時半。 午前中の診察時間は終わっていました。

でも、午後の診察時間まで待ってられないと病院に電話したら、

手術前だというのに快く受け付けてくださって。

急いで病院に向かい、ふわりを預けることにしました。

それから約5時間、酸素室に入れて様子を見てもらってたのですが・・・



ふわりちゃん、無事に回復しました~

IMG_0329.jpg



夕方、ふわりの様子を電話してくださった先生。

説明を聞いてるだけで安堵の涙が溢れてきました。

元気にはなったけど1日様子を見て入院させるか、

それともお迎えにきてもらうか聞かれたけれど、即答で「お迎えに行きます」。

そして、大喜びで病院にお迎えに行き、ふわりとご対面すると・・・

そこにはいつもと変わらないふわりがいたのです。

無事でよかった、ほんとによかった。




結局、何が原因だったかは分からないまま。

庭で何か誤飲したのかとも思いましたが、今の元気っぷりを見ると

違う気がするし。

先生も、最初はダメかと思った・・・とおっしゃってたので

深刻な状況だったことは間違いなかったはずなんですが

驚異の回復力にふわりの生命力を感じました。

(昨日のクローバーが力を貸してくれたのかな)



診療明細を見る限り、酸素室に入ってただけみたいなんですけどね。

投薬したとかいう説明もなかったし。

・・・とまぁ、そんなことがあり今日は酸素室の効果を実感させられました。

酸素万歳。 酸素設備が我が家にもほしいよ~

簡易的な酸素室を作って自宅看護が出来るならいいんだけど。

なにかいい方法はないのか・・・今後の課題になりそうです。



最後に、元気に動き回るふわりの動画で〆たいと思います。

なんてない動画ですが、お付き合いくだされば幸いです。



ふわりが、明日も変わりなく元気でありますように。
スポンサーサイト
プロフィール

o-ya

Author:o-ya
サザナミインコを中心に多種多数飼いです。時々、ワンズ☆マルチーズの姫とパピヨンのリボンも登場♪

バードテント販売してます。
birdtimeからお求めいただけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
小鳥のカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。