スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残念な結果に・・・

卵詰まり~難産を乗り越えたはずの小春でしたが

産後の予後がよくなくて、看病も虚しく昨日の夕方息を引き取りました

最後まで食欲はあったので回復に時間がかかってるだけかも・・・と

回復を信じて看病していたのですが、残念な結果になってしまいました。



産後初日は、動き回ったり止まり木に止まったりしていた小春でしたが

翌日には翼をダランと落として変な姿勢になり、寝てることが増えてきました。

3日目はほぼ寝ていて、目もものすご~く小さくなりショボショボ。

昨日の朝の時点で嫌な予感はあったんですよねぇ



実は、産後からお尻の具合が悪くて糞切れがよくなかったんです。

食欲はあったので糞はしっかり出ていたんですが、お尻まわりに溜まるので

お腹やお尻は糞でドロドロ。 

それを1日に何度も濡れたティッシュや綿棒で綺麗にしてあげていた

のですが、それがいけなかったのか???

本来なら放っておけば回復してたものを、もしかしたら私がそうしたことで

体温を奪われて小春は弱ってしまったんじゃないかとか、荒なのに弱った

体を触りすぎたのもよくなかったんじゃないかとか、息を引き取った時は

色々とネガティブに考えたりもしたのですが・・・

でも病院へ行き、処置をしてもらった判断はやっぱり間違ってなかったと思うし、

飼い主としてやれることはしたつもり。 小春の死に後悔はありません。

この歳になって発情&産卵(初卵)してしまったのは運が悪かったというか

小春の運命だったんだと思うことにしました。



他のコより断トツに小柄だった小春に惹かれ、初めて手乗りではない若鳥を

お迎えしたのが5年前(来春で6歳でした)。

ケージに手を触れるだけでバタバタと暴れる小春を見て、手乗りの可能性は

全くと言っていいほど感じられなかったんだけど、どうしても小春を家族にしたくて

連れ帰りました。 



あれから時が経ち・・・

立派な荒鳥に成長した小春は、やはり私には全く懐いてくれなかったけど

鳥にはフレンドリーでそれなりに楽しそうに暮らしてくれました

放鳥の時は最高に楽しそうでしたね



4月にチョロを見送り

IMG_8064.jpg

6月にはピロを見送り

IMG_8617_2014121518190308e.jpg

セキセイ1羽になってからも寂しがることはなく、ウロコのビオラや

アキクサの桃と一緒によく遊んでた小春。

IMG_7993_20141215182149f1e.jpg

もう少し、ここで遊んでいたかったかな。

荒だったから人とのコミュニケーションはあまり取れなかったけど、

セキセイらしいイタズラに怒ったり、仲間に対する優しさを見てほっこりしたり

これまでを振り返ってみると楽しい時間がいっぱいでした。

小春、うちに来てくれてありがとね。


にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

o-ya

Author:o-ya
サザナミインコを中心に多種多数飼いです。時々、ワンズ☆マルチーズの姫とパピヨンのリボンも登場♪

バードテント販売してます。
birdtimeからお求めいただけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
小鳥のカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。