スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛引き対策

尾羽が抜けてしまった(正確にはボロボロになったので抜いた)ことで

あらわになった尾腺の瘤。 その瘤がなんだか大きすぎるような気がして、

先日、ノエル(サザナミ・コバルト♀)を病院へ連れて行った時のことです。
(結局、尾腺は正常でした

動物病院の先生と毛引き対策について話をしました。


クリアファイルで作った固めの衿カラーはパニックを起こしてしまったこと。  

フェルトで作ったポンチョは次第に毛羽立ち、爪が引っ掛かってしまったこと。

これまで、思いつくことは色々試したけど全て失敗に終わってしまったこと。



何か他にいい方法はないですか?と相談していたのですが・・・

話をしていたら、ふわっと新しいアイデアが思い浮かびました



先生、これならいけそうな気がしませんか?

DSCN1454.jpg
(初回作)

ビニールコーティング素材の生地で作ったポンチョです

この生地は布端の処理をしなくてもほつれてこないし、マジックテープも

付けやすい。 ポンチョタイプならあまり邪魔にならないだろうし、

可愛い柄を選べばお洋服感覚でいいんじゃないかな?



・・・ということで、今、一番毛引きが酷いノエルにお試ししています。

(画像は改良後の衿カラーを装着

DSCN1532.jpg


衿カラーを外そうと必死でマジックテープと格闘してますね

DSCN1487.jpg
DSCN1483.jpg
DSCN1521.jpg





鳥用の衿カラーを作る度に思うのですが・・・

とっても単純な作りなのに奥が深いです

サイズが大きすぎると歩く時に足が引っ掛かって転んだり、

足元が見えなくて止まり木に止まれなかったり。

首周りの穴が大きすぎてもクルクル回ってよくないみたいです。

また、マジックテープを付けた部分がどうしても重みで前に

下がってくるので細めのものに付け替えて軽くしてみたり・・・

絶妙なサイズ(バランス)を探し当てるのがとても難しかった

結局、3回作り直しました



そして、これが3作目の衿カラー。

今度はサイズがピッタリなのか、慣れてきただけなのか、

満更でもなさそうですよ

DSCN1516.jpg

マジックテープをカジカジするのは相変わらずやってますが、

初回作と違って、イライラする感じはなくなり遊んでるようにも見えます。

決して大きくはないので、腰回りや足周りは簡単に届いてしまうのですが

今のところ、羽を抜いてる様子は見られません

これはいけるのか?

無事に羽が生え揃うか、数週間後が楽しみです。


にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

o-ya

Author:o-ya
サザナミインコを中心に多種多数飼いです。時々、ワンズ☆マルチーズの姫とパピヨンのリボンも登場♪

バードテント販売してます。
birdtimeからお求めいただけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
小鳥のカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。