スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝から病院へ

ペア飼いでも単独飼いでも、年中発情を繰り返して卵を産んでしまう

困ったさんのチロル

今まで色々と試行錯誤してきたんだけど全然手に負えなくて・・・

結局、どうせ卵を産むならと夫のチョコとペア飼いしています



そのチロルがこの前からまた卵を産んでいて・・・

今回はちょっと卵が小さいんじゃない?って思いつつも、

いつものことだからと放っておいたんですね。

でも今朝。

チロル&チョコのケージを覗くと、いつもとは違う状態で床にうずくまる

チロルがいました。 抱き上げるとかなり軽い。 そしてヨロヨロ。

すでに4個の卵を産んでいたし、お腹の膨らみから卵詰まりじゃなさそうです。



去年、低カルシウム血症で亡くしたマロンのことを思い出し、

手遅れになってはいけないと朝から病院へ行ってきました。



で、点滴とカルシウム剤を注射してもらったんだけど

帰ってキャリーを開けると・・・なぬ?

そこには産みたてホヤホヤの卵とさっきまで踏ん張っていただろう

産卵体勢で固まるチロルが(画像は少し落ち着いてから撮りました)

IMG_5780.jpg


アラララ、卵詰まりだったのね

でも、の通りかなりの極小サイズ。

色も薄いオレンジ色で殻が完全ではありません。 触るとぷにょぷにょ

IMG_5800.jpg
(上:いつもより小さめの卵  下:今回の極小卵)


はぁ・・・だから先生がお腹触っても分かんなかったのか

とりあえず、カルシウム注射してもらったことは間違いではなかったみたいです。



その後も本調子じゃないチロルを入院病棟(水槽部屋)に移し

強制給餌しながら1日様子を見てたのですが・・・

IMG_5794.jpg


夕方くらいからかな。

少しずつ動けるようになって、自分でシードも食べるようになりました。

強制給餌で汚れた羽を繕う余裕も出てきたようで、ガラガラ声(?)で

呼び鳴きもしています。 

朝はもうダメかと思ったんだけど、ひと山越えたみたい。

もう大丈夫なんじゃないかな。



先日のふわりもそうだし今日のチロルもですが、

早期発見できたことで、消えるかもしれなかった1つの命を

救えたような気がします。 よかったよかった

そして、近くに信頼できる先生がいてくれてよかった。

でも・・・今後こうならないように適度な日光浴もさせなきゃいけないですね。

反省です

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

o-ya

Author:o-ya
サザナミインコを中心に多種多数飼いです。時々、ワンズ☆マルチーズの姫とパピヨンのリボンも登場♪

バードテント販売してます。
birdtimeからお求めいただけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
小鳥のカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。