スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リボン、緊急手術&入院する

数年前から発情期になると想像妊娠するようになり

机の下や家具と家具の隙間などに入り込んで、姿を消していたリボン。

いつかはこんな日が来るんじゃないかと思ってました。

リボン(♀)8歳。 本日、子宮蓄膿症と診断され、緊急手術を受ける

ことになりました。



昨日の明け方、突然胃液を嘔吐。

かかりつけの病院が休診日だったこともあり、1日様子を見ることに

したのですが、時間を追うごとにぐったりしてきて・・・

涙を溜めて遠くを見るような視線で寝てばかりのリボン。

IMG_8843.jpg

食欲なし。 水も午前中に1度飲んだきりで見向きもしなくなりました。



とにかくいつもと何かが違っていて、様子を見るだけじゃ治らんなと

今日の朝一番で病院へ。

風邪かな・・・(私もそう思い込んでました)ということで

最初は点滴と吐き気止め・痛み止め・抗生剤を注射してもらって帰宅。

でも、良くなるどころか悪くなる一方で、次第に触られるのも嫌がるように

なり、抱き上げようとすると歯を剥き出しにして大暴れするように。



これはただ事ではないと判断して、午後の診療に駆け込みました。



判断は間違ってなかった。 子宮蓄膿症。 

明日だったら危険だったかもしれない・・・とのことで

初診で気付かなかったことを謝罪されました。

いや、いいんです。 手遅れじゃなければ。

今回は、獣医の診断以上に飼い主の素早い判断が重要なこと

身にしみて感じましたね。 



術後、通常は1週間くらいの入院になるそうですが、

リボンは獣医も認めるくらい異常に神経質なコなので

最高3日の入院で、あとは自宅看護ということになりました。

なので、今週は自宅謹慎 



今日、電話がなければ無事に手術が終了したことになります。

電話がきませんようにと願うばかり。

元気になったリボンを早く抱いてあげたいです。


にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 多種飼いへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

o-ya

Author:o-ya
サザナミインコを中心に多種多数飼いです。時々、ワンズ☆マルチーズの姫とパピヨンのリボンも登場♪

バードテント販売してます。
birdtimeからお求めいただけます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
小鳥のカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。